アイポス編集部

インタビュー / 記事

若者は政治を変えるのか~崔春海さん(元FYM)インタビュー全文~

20170324011549

本記事は 若者は政治を変えるのか  の関連記事です。こちらと合わせてお読みください。 Q:そもそも政治や社会問題に興味を持ったきっかけを教えてください 崔:僕は“崔”という名前のとおり在日コリアンの関係で「政治」というものが身近にありました。僕はたまたま日本国籍ですけど。僕が高校を卒業して以降、父は政治の話を結構してくる感じで、家にも政治や社会問題に関する本が結構ありました。なので、僕は自然と政治について興味を持つようになりましたね。 Q:僕の家庭では全然、政治の話とかしないんですよ。テレビもバラエティ番組しか観てないですし。だから、どのように政治について話し合うのか分からないです。 崔:例えば、テレビでニュースが流れると父が「これはこういうことだよ」と解説してくる感じです。でも、最近は父に「こういうことだよ」と言われて、僕が「違うよ。こういうことだよ」と言い返して揉めたりすることもあります(笑) Q:つまり、政治について何かきっかけがあって興味を持ったというよりは物心ついた時から自然と? 崔:う~ん、物心ついた時からというか。父はミリタリー関係が好きで、プラモデルとか家にあって。そう…

インタビュー

若者は政治を変えるのか~熊川果穂さん(元FYM)インタビュー全文

20170324011549

本記事は 若者は政治を変えるのか  の関連記事です。こちらと合わせてお読みください。 Q: きっかけを教えてください   熊川:大学のゼミです。そこで田村先生に出会ったことと、うちの家自体がリベラルな家だったことも影響しているかなと思います。父親は教員で同和教育や、長崎の教員組合の平和学習ツアーに一緒に参加したりとか。歴史に 偏見を持たずに見るという目はそういう中で養われたのでは。 Q :家庭の中で政治の話をするというのはどういう感覚なのでしょうか。ニュースを見ながらお父さんが解説して くれたりとか? 熊川: します。うちの父親は NHK のニュースが大好きで、時事ニュースや政治の話をよくしてくれました。母親はニュースを見てどうこう言うという感じではないけど、本をたくさん読んでいて、哲学書等をもとに「生きると は何か」をよく話したりしていました。   Q: 家にたくさん本があって、それを読んでいたりとか?   熊川: そうですね。哲学書とか、小説以外の本もありました。新書とか。今思えば、大学の授業ででてきた本が実はうちにあって、それに気づいたりとか(笑)。きっかけとしては大学のゼミもあ…

インタビュー / 特集

若者は政治を変えるのか

20170324011549

福岡市中心部の繁華街でデモ行進を行う若者達。そこには、普段の福岡の街とはあきらかに違う景色がありました。老若男女、多くの人が足を止めてその行動に目を向ける。「何を訴えているのだろう?」「必死になっても何も変わらないのでは?」「思いは同じ、頑張ってほしい」 人それぞれ感じ方は違うでしょう。しかし、何かを感じたのは確かです。 当時、SEALDsをはじめ、全国各地で安保法制(法案)に反対する若者団体が結成される中、福岡ではFYM(Fukuoka Youth Movement)が発足し、デモや討論会など様々な取り組みを行ってきました。しかし、彼らの思いとは裏腹に、安保法制が成立。法成立後も、「安保法廃止」を掲げて活動してきましたが、昨年8月にはSEADLsが解散、FYMも、会を解散して活動に区切りを付けようとしています。 若者は政治に無関心とされる中、彼らはどのように政治に関わり、行動するに至ったのでしょうか。今回私たちは、FYMで活動してきたメンバー3人にインタビューを試みました。

ニュース

【ニュースピックアップ】これまでも「ゴルフ外交」はあった?

golf-787826_1280

■【日米首脳会談】安倍首相、訪問先の米国でトランプ大統領とゴルフに興じる  安倍首相は訪問先の米国において現地時間11日(土)、ドナルド・トランプ米大統領と共にゴルフをプレーした。午前中には「トランプナショナル・ゴルフクラブ・ジュピター」でアーニー・エルス(南アフリカ出身のプロゴルファー)も参加して18ホールをラウンド後、午後は大統領専用車で30分ほど移動して「トランプインターナショナル・ゴルフクラブ・ウエストパームビーチ」を9ホール回った。安倍首相は大統領選後、トランプ大統領にゴルフクラブ(フルオーダー品で価格は約50万円らしい!)をプレゼントしており、トランプ大統領は今回「一緒に昼食を取るよりゴルフコースを回った方が相手をよく分かるようになる」と自慢のコースに誘ったんだそう。 ■これまでも「ゴルフ外交」はあった? 安倍首相によるオバマ前大統領との「ゴルフ外交」・・・?  2013年2月、安倍首相とオバマ前米大統領が日米首脳会談を行った際の「ゴルフ外交」?エピソードを紹介。  2013年の「朝日新聞」の報道によれば、22日昼、米国ホワイトハウスで外交・安保問題を議論する会議を終えた後…

記事

インタビュー企画「中国という隣人を身近に感じよう(後編)」

中国と言う隣人を知ろう

連載企画→中国は日本にとって本当に脅威なのか~日中関係と安保法制を考える~① インタビュー企画第一弾→インタビュー企画「中国という隣人を身近に感じよう(前編)」 Q、お話を聞いていて、自分が持っていたイメージと全く違う一面が見えてきました。僕たち一般人は、テレビの報道やネットの情報を見て印象を形作っていると思います。 A、マスコミがいろいろ煽っているなと感じます。センセーショナルなものがやはり売れるのでしょう。例えばPM2.5について、ことさらに中国から飛来することが報じられますが、そもそも中国のPM2.5の問題が出る前から、日本国内の工場や自動車から大量のPM 2.5が排出されていたのに、政府は対策を取ってきませんでした。日本国内のPM2.5問題がぎりぎり表面化するか否かという時に、あたかも中国から飛来してくる毒ガスかのように報道され、それが一般的な認識になってしまったのです。九州においてPM2.5は中国からの飛来もありますが、多くは九州内の工場や排ガスによるものに加えて、阿蘇や桜島などの噴煙によるものがたくさん含まれています。また、関東になるとほとんど国産のPM2.5ばかりです。 …

インタビュー / 特集 / 記事

インタビュー企画「中国という隣人を身近に感じよう(前編)」

中国と言う隣人を知ろう

 同じ東アジアに位置し、歴史的文化的にもさまざまな形で密接に関わってきた日本と中国。経済においても、日中貿易総額は2699億ドル(日米貿易総額は1924億ドル)と、中国は日本にとって最大の貿易相手国である。しかし、そのような背景とは裏腹に、報道では日本と中国の対立が多く報じられ、また中国の脅威を煽るような内容のコンテンツもインターネットにあふれ、日本人の多くが中国に対して(あるいは中国人に対して)悪いイメージを持っているように感じる。昨年12月には、そうした「中国脅威論」の氾濫に疑問を呈する後藤とみかず氏に特集として連載記事をいただいた。今回は、その締めくくりとして日中友好協会の福岡支部長として日ごろから日中の交流に努めていらっしゃる氏にその体験と思いを伺った。 後藤とみかず:1968年生まれ、47歳。 福岡大学法学部卒、2002年弁護士登録。福岡県弁護士会所属 中国は日本にとって本当に脅威なのか~日中関係と安保法制を考える~①  Q、まずは中国と言う国に興味を持ったきっかけを教えてください。 A、自分の世代は子どもの頃に日中国交正常化の時期を過ごしています。テレビでは国交正常化を記念…

記事

今週のニュース(12月12日~18日)

news

オスプレイ事故、不時着?墜落? 米軍新型輸送機オスプレイが12月13日午後9時頃、沖縄県北部沿岸に墜落(または、不時着)した。事故をめぐっては、「“墜落”か“不時着”か」について見方が分かれている。 沖縄県の翁長知事は「機体が大破している状況からして墜落だ」との認識を示し、稲田朋美防衛相は「墜落ではない」と述べており、メディアでも多く“不時着”として報道されている。 プーチン・ロシア大統領、訪日 ロシアのプーチン大統領が12月15日~16日に日本を訪問した。 日ソ共同宣言において平和条約を締結した後に北方領土のうち、歯舞と色丹を日本へ引き渡すと明記している件について、安倍首相はプーチン大統領が「主権を返すとは書いていないという認識を持っている」と明かした。つまり、北方領土問題については実質的な進展はなし。安倍首相としては、今回、領土問題に関連して一致した4島における共同経済活動に向けた交渉の開始を平和条約締結に向けた一歩としたいとの考えがあるようだ。 カジノ法案、成立へ 日本でのカジノ合法化を目指す「カジノ法案」が、自民党や日本維新の会などの賛成多数で15日に成立した。 民進党など野党…

ニュース

今週のニュース(11月28日~12月4日)

news

■カジノ法案、衆院内閣委員会で可決  衆院内閣委員会は11月2日、「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)を採決し、共産党や民進党が強く反発する中、自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決した。自民党は衆院本会議(6日)でカジノ法案を通過させる構えで、公明党は常任役員会で党議拘束を外して自主投票とすることを決めて採決を容認しており、今国会での成立が強まった。 ■ 「山・鉾(ほこ)・屋台行事」を無形文化遺産に登録  ユネスコは30日、「山・鉾・屋台行事」を無形文化遺産に登録を決定した。エチオピア・アディスアベバで開かれたユネスコの政府間委員会(24カ国で構成)で採択された。登録が決まったのは、「角館祭りのやま行事」(秋田県仙北市)や「秩父祭の屋台行事と神楽」(埼玉県秩父市)、「高山祭の屋台行事」(岐阜県高山市)、「長浜曳山(ひきやま)祭の曳山行事」(滋賀県長浜市)、「博多祇園山笠行事」(福岡市)、「唐津くんちの曳山行事」(佐賀県唐津市)など東北から九州まで18府県の33行事。専門家やNGOでつくるユネスコの評価機関が事前審査し、10月末に登録を勧告していた。 ■岸田外相 プー…

記事

福岡2区タウンミーティング第一回 議事録

dsc_0202-3

タウンミーティングとは(公式HPより) http://fukuokatownmeeting.jimdo.com/ 最近の流行語で、「市民ファースト」という言葉があるのはご存知でしょうか?かっては国民が主権者とか言われて来ました。これについて簡単に説明すると、私たちが「こういう風に考えているけど、一番近い考えの候補者、政党は誰?(どの政党?)」ということで、「そういう話は聞かんとわからんやろ。」だったり、「じゃ、こっちが思っている事をつたえちゃる。」と考えたりすることです。「景気を良くしてほしい」だったら、「A党はこうする、B党はこうする。自分が思っていることは、「こっちの党にちかかばいね。」と思いますよね。そして、選挙の時に、その政党や候補者に入れること。それが「市民ファースト」です。これって、参加しない手はないですよね。 福岡2区タウンミーティング第一回 総合テーマ「今後もこの国で私らしく生きていくために」 12月 4日(日) アミカスホール 13時~17時 参加者数80名   第一回テーマ「私たちの生活や社会あり方をどうしたいと望みますか」   幸福実現党;吉富和枝(福岡県本部副代…

Twitter

Facebook

LINE@

友だち追加数