投書

投書

「政治的無関心」について語られるときに思うこと。

cropped-avatar.gif

「社会や政治に関心を持たないのは愚か」なのか   投票によって意思を示すこと、自分の社会のあり方を考えることは、民主主義社会に生まれた以上、必要なことだと感じます。しかし現実には、政治への無関心が叫ばれ、私の周りでも家庭の中で政治の話をするようなこともなく、友達とはなすこともほとんどありません。テレビ番組や、最近の映画の話、漫画の話、ネットで流行っていること、勉強がつらいこと、バイトが忙しいこと、旅行にいったこと。そういった日常の話を前にして、政治の話をすることはそもそも意識の範疇にすらありません。 先日行われた第24回参院選において投票率は54%となり、4番目に低い投票率を記録しました。また、を見ると、20代の投票率は年々減少しており、最新の数値では35%にまで落ちています。  私自身、そういった人たちを前にして、「もっといろいろな大切な問題があるのに」と思うことはあります。「最近の人は政治に対して無関心でけしからん」というような意見も聞くこともあります。テレビのニュースなどで「大人」がそういった趣旨のことを言うのを目にすることもありました。しかし、それは本当に彼らのせいなのでしょう…

Twitter

Facebook

LINE@

友だち追加数