失われた20

 

 現在、マス・メディアや学術界の一部で、「失われた20年」という言葉を耳にすることがある。下に示した図1が示すとおり、日本は、敗戦直後の混乱期を経て、1955年ごろから経済が軌道に乗り始め、ここから世界でも類を見ない奇跡的な経済成長を成し遂げる。そこから1973年の第一次オイルショックによって経済成長率が鈍化するまでの期間は、一般に「高度経済成長期」と呼ばれる。この間に世界の先進諸国も、程度の違いはあれ、全体的に経済規模が拡大しているのだが、第一次オイルショック以降、世界は苦境に陥る。しかし、日本はいち早くそこから脱却し、不況にあえぐ先進諸国を尻目にゆるやかな成長を遂げていく。

 

 

%e6%b5%85%e9%a6%99%ef%bc%91

図Ⅰ

出典:http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4400.html

 

政治の分野では、1955年に自由党と日本民主党の保守合同により自由民主党が結党される。安定的に続く経済成長と完全雇用状態を基盤とし、経団連や農協などの組織票に支えられながら、自民党は一等優位体制を築いていく。いわゆる、「55年体制」と呼ばれるものだ。

 

 こうして安定的に成長していた日本社会も、1990年ごろのバブル崩壊をきっかけに低成長時代に突入し、90年代からさまざまな経済指標が峠を越える。この90年から現在にいたるまでの期間を差して「失われた20年」と表現されるのである。

1 2 3
浅香 勇貴
1986年生まれ。西南学院大学文学部卒。京都大学文学研究科修士課程修了。 日曜コラムニスト、日曜読書家、日曜大工、日曜社会活動家、通勤電車内思想家、好事家。