仕事・学校について

・仕事を始めて何年か経ったけど、「今の状態ではなんとなくいけない。何か違う」と感じる。

・夢をもって専門学校に入り、卒業したが、いざ働き始めてみると「こんなはずじゃなかった。何か別の道があったのでは」と思うようになった。

・安い給料で不安定な仕事がずっと続き、先が見えない。しかし、他に仕事がないから続けざるをえない。「こんな仕事は長く続けられない。でも、生活のために続けざるをえない」と思っている。

・働く時間が長すぎて、家ではただ食べて寝るだけ。

・仕事の契約が打ち切られそうで、その先のことが見えない。何度も求職活動をしなければいけないので疲れる。職場がコロコロ変わり、精神的に疲れる。

・職場で「自分は他人と入れ替え可能で、会社の歯車でしかない」と感じる。

・自分がやっている仕事や勉強の意味がわからない。意味が見出だせない。

・生きるために働いているのが、働くために生きているのかわからない。

・職場で上司や先輩、同僚、おじさんたちからわけがわからないこと・理不尽なことを言われる。それにうんざりしている。

・他人を蹴落とし、のし上がろうとする同僚がいる。

・媚び・へつらい・ゴマすり・うわさ・陰口などにうんざりしている。

・イエスマンをやっていなければならない自分に嫌気がさした。

・就職活動で30社も40社も受けたが、内定がもらえない。

・就職活動をしないといけないことはわかっていても、おっくうだから毎日をなんとなくやりすごしている。

・いじめられている/いた。不登校だ/だった。どうしても対人関係がうまく築けない。

・学校や仕事に行く気が起きない。

1 2 3 4 5
アイポス編集部
アイポスは政治をもっと身近に感じ、生活と政治の関連性を見出す情報を発信します!