アイポスからのメッセージ

 

この中であなたはいくつ当てはまったでしょうか? いくつも「そう思ったことがある」と感じる人もいるかもしれません。「そんなことを考えてみたこともない」「そう言われてみればそうだ」と思った人もいるでしょう。よく考えてみると、誰でもどれかひとつは当てはまっていることと思います。

 

私たちが暮らす今の社会では、このようなことを感じる人はたくさんいます。もしあなたがいくつも当てはまっていたとしても、あなたは決して少数派ではありません。私たちの社会は、そのような人をたくさん生み出すような仕組みになっているのです。

 

「では、どうすればいいの?」と思う人がいるかもしれません。残念ながら、いっきに問題を解決してしまうような魔法の答えはありません。ただ、はっきり言えることはあります。それはこんなことです。きれいな洋服をひたすら買い自分を表面的に飾り立ててみても、LINEやFacebookで「友達」とたわむれてみても、カラオケに行って熱唱してみても、飲み会やカフェで「友達」とおしゃべりしてみても、本屋さんに行ってスキルアップの本を買ってみても問題の解決にはならない、ということです。たしかにその瞬間は楽しいかもしれませんし、何かが変わったように感じるかもしれません。しかし、「ただそれだけ」なのです。本質的な問題の解決にはならないのです。

 

 人は、自分の状況が手詰まりになったら、問題から目をそむけたくなります。ですが、それは将来のことを無視して「今に逃げる」ということです。それが目的のないショッピングであり、「友達」とのたわむれといったものです。

 

私たちは、このように将来に目を閉ざして「今に逃げる」こともなく、安易な答えにすがることもないような解決の方法を見出していかなければいけません。逃げずに現状に正面から向き合わなくてはなりません。それはとても難しいことです。しかし、地道な解決策ならあります。それは、あなたが自分の問題を解決しようという意志を持ち、何か行動を起こすことです。何もしなければ、ただ今の状態がダラダラと続いていくか、もっと状況が悪くなるだけです。また、「誰かがなんとかしてくれるだろう」「偉い人にまかせておけばいい」という他人任せの考え方も解決には結びつきません。

 

ただ、ひとりの人間は非力なので、ひとりで何かをしてもうまくいきません。そもそもひとりで行動しようという気力は湧いてきませんし、何をすればいいのか見当すらつきません。だから、同じような問題を抱えている人が集まって、「力を合わせて現状を変えていく努力をしよう」、「何が問題でどうすればそれを解決できるのか一緒に考え、行動を起こそう」というのがアイポスからのメッセージです。つまり、「何かをしたい」人たちの「何か」を探し、それを実現しようというのが私たちの目指すところです。

 

もちろん、こちらから「あれをしなさい、これをしなさい」などということはありません。また、「このような人は参加してはいけません」ということもありません。特技がある人、社交的な人、人見知りする人、対人関係がうまくない人、話が苦手な人などどんな方でも構いません。みんなが参加して平等に意見を出し合い、よく話し合って何ができるのか考えよう。それから自分たちでできることをしよう、というのが私たちの趣旨です。

 

見知らぬ人であっても、ある目的を達成するために一緒に行動するというのは意外と楽しいことです。決まった友達と話すのも楽しいですが、知らない人と行動するのもとてもやりがいがあるものです。

 

 もしあなたが、現状に不満を感じたり、将来に対してぼんやりと不安を抱いていたり、「人や社会のために何か行動したい」と思うことがあれば、アイポスまで連絡をください。
→ipos4democracy@gmail.com

 現状は黙っていては決してよくなりません。特に現在の20歳~30歳代の人にとっては、今後の社会は厳しいものになります。「今の状況にただ耐える」というのもやめましょう。それでは心身がもちませんし、何も解決しません。「動くのはめんどうだ。他人は信用できない。他人と関わるのはおっくうだ」という人も現状をただ追認しているにすぎません。「今のままではいけない。何かをやりたい」と考えている人は、ひとりで引きこもっていても、意味なく「友達」とたわむれていても何も始まりません。「何か」意味のある行動を起こさなければならないのです。アイポスは、その「何か」をみんなで探し、行動のための第一歩を踏み出すための場所です。あなたの参加をお待ちしています!

1 2 3 4 5
アイポス編集部
アイポスは政治をもっと身近に感じ、生活と政治の関連性を見出す情報を発信します!